近藤真彦と松田聖子の密会写真がヤバい!ニューヨークでキス?

ジャニーズ事務所の古参メンバー、近藤真彦さんが11月12日の週刊文春にて25歳年下の会社社長女性との不倫を報じられ話題となりました。

 

そんなスキャンダルを受け、11月16日にはジャニーズ事務所から芸能活動自粛処分を受けたことで更なる注目を浴びています。

 

今年のジャニーズは手越祐也さんの退所、山Pさんの退所など荒れるに荒れている状況であり、とうとう長男である近藤真彦さんまで活動自粛報道が出てしまいました。

 

 

また、近藤真彦さんの不倫報道から更に派生をして過去に恋愛関係にあったと言われている中森明菜さんや松田聖子さんが話題になっています。

 

今回の記事は過去にスキャンダルをされた近藤真彦さんと松田聖子さんの密会についてまとめていき、ニューヨークのキスに至った概要をまとめていきます。

 

 

 

 

近藤真彦と松田聖子のニューヨーク密会とは?フライデー内容まとめ

 

 

近藤真彦さんと松田聖子さんが週刊誌フライデーにスクープされたのは1989年2月であり「ニューヨーク密会」と名前がつくほどの大きなスキャンダルとなりました。

 

なぜニューヨークかというと、当時結婚と出産を経て仕事復帰された聖子さんはアメリカ進出を目指して頻繁に渡米していたそうなんです。

 

そんな中、松田聖子さんがニューヨークに滞在している時に友人であった近藤真彦さんが現地に訪れるということを知り、「会いましょう」ということでみんなでお茶を飲んでいたんだとか。

 

流れとしてはその状況で週刊誌にパシャリと二人の姿を撮られたということですが、松田聖子さん本人は「交際なんてありえるわけはない」と当時全面的に否定をしています。

 

 

というのもこれがまた面白い話なんですが、その時ニューヨークのホテルのラウンジに座っていた松田聖子さん、近藤真彦さんの前には熱烈なカップルがいたそうなんですよね。

 

男性側は西洋人、女性側は日本人のカップルで、二人の前で熱烈なラブシーンをかましていたんだとか。

 

それを見た松田聖子さん、近藤真彦さんは「ちょっと見て、凄い」などとコソコソ話をしていました。

 

コソコソ話となれば耳元で話すので距離が近くなりますよね(笑)そこをパシャリと撮られたそうなんです。

 

 

更に、そこから二人はホテルのラウンジから出ようとしたところで記者に写真を撮られ、それを見た近藤真彦さんは「やめてください!」と声を掛け、誤解を解くためにフライデーの記者たちとホテルのラウンジに戻って一緒にお茶を飲んだんだとか。

 

すると、先ほどラブシーンをかましていたカップルが記者たちに向かってきて「お疲れ様でした」と去って行ったそうなんです。

 

そう、ラブラブカップルはフライデーの仕込みであり、松田聖子さんと近藤真彦さんを刺激するための”おとり”だったんそうなんです(笑)

 

それを知った二人は椅子から落っこちて「まんまと罠にかかった」とコントじみたオチになったという話。

 

 

と、ニューヨーク密会の概要を知ると、思わず笑ってしまうような平和なスクープだったんですね(笑)

 

 

 

近藤真彦と松田聖子の密会写真がヤバい!ニューヨークでキス?

 

 

とは言え、近藤真彦さんと松田聖子さんの密会写真はヤバい!ニューヨークでキスしてた!などと噂されることが多いようです。

 

当時の二人のニューヨークのホテルのラウンジで撮られた密会写真は「キスをしているように見えた」、「抱き合っているように見えた」などと親密さが伺える写真だったそうです。

 

気になって調べてみたのですが、スクープされた当時は1989年2月と30年以上も前になる出来事なので対象である写真は出回っていませんでした。

 

 

やはり、キスとか抱き合っているように見えたのはフライデーの仕込みのカップルのせいかもしれません(笑)

 

カップルは二人を刺激するための仕込みでしたが、結果的にコソコソ話をしたところを「キス写真」などと報じられているので罠にかかっったと言っても過言ではないでしょう。

 

 

しかし、二人の密会にはまだ続きがあり、実は松田聖子さんの泊まっているホテルで近藤真彦さんと密会しており、なんと近藤さんの前で、ご主人の神田正輝さんに電話をしていたという噂もあります。

 

当時、松田聖子さんは『サンミュージック』に所属しており、「聖子とマッチとの密会写真を撮った」と取材を受けた事務所の社長、相澤秀禎社長(当時)ニューヨークに急遽飛んだそうなのです。

 

そこでフライデーと話し合った結果、致命的なスキャンダルにならないように”控えめな写真”で話をつけたという話があります。

 

1989年2月に写真週刊誌『フライデー』が、ニューヨーク滞在中の聖子とマッチがホテルのラウンジで密会する姿を報じた。

「記事は、たまたまニューヨークのホテルラウンジで会ったというもので、スキャンダラスな内容ではありませんが、真相は違います。聖子が横恋慕した“略奪愛”だったのです」(写真誌関係者)

当時、聖子は『サンミュージック』に所属していた。フライデーから「聖子とマッチとの密会写真を撮った」と取材を受けた事務所は急遽、相澤秀禎社長(当時)が、ニューヨークに飛んだという。

「相澤さんは現地でフライデーサイドと話し合い、スキャンダルに発展するような写真を掲載しないということで、話をつけたんです。2年前の5月に相澤さんは他界しましたが、生前にその事実を認めました」(芸能ライター・本多圭氏)

(引用:https://myjitsu.jp/archives/3146/2)

 

 

このように「真相は違う」という意見もあり、相澤秀禎社長も生前にフライデーと話をつけたことを認めていたというコメントする者もいました。

 

実際のところ真相は明らかになっていませんが、松田聖子さん側は当時の取材では近藤真彦さんとの関係を事実無根として笑い話にしています。

 

週刊誌が更に話を盛り上げるために事実を誇張したのか、二人のニューヨーク密会の真相は謎に包まれたまま終わりを遂げたのです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

近藤真彦と松田聖子の密会写真の概要をまとめていきました。

 

スキャンダルは30年以上前と言うのもあって、写真は特定できませんした。

 

内容としては二人の密会はニューヨークでのキスなどと噂をされることが多いのですが、松田聖子さん側は笑い話として完全否定。

 

それでも二人の関係はあったという噂もありますが、真相は謎に包まれたままです。

 

松田聖子さんの言う通り、フライデーの罠にはめられた笑い話で済めば本当に面白い話ですよね。

 

 

とは言え、今回の近藤真彦さんの25歳年下の会社社長女性との不倫は真実ということでした。

 

活動自粛の中、今後の近藤真彦さんの動向にも注目ですね。