伊藤健太郎の4月の免許証は偽物か本物か?偽造の可能性は?

110月29日に俳優の伊藤健太郎さんが乗っていた乗用車とバイクが衝突事故を起こしたニュースが入りました。

 

加えて、事故現場から一旦立ち去ったということで自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反の疑いで逮捕をされたということで世間では驚きの出来事となっています。

 

 

そんな騒ぎの中、インターネット上で2020年4月に伊藤健太郎さんからひき逃げにあったとツイートをし、伊藤さん本人の免許証を明かしたことで更に大きな話題となっています。

 

伊藤健太郎さんの4月に起こしたと言われている免許証は本物か偽物なのか?

 

また、偽造されている可能性について調査していきます。

 

 

伊藤健太郎が事故

 

 

伊藤健太郎さんの逮捕容疑が出たのは10月28日午後5時45分頃となります。

 

東京都渋谷区千駄ケ谷の外苑西通りで、車でUターンしようとした際に反対車線を直進してきた2人乗りバイクと衝突してしまったということです。

 

乗用車を運転中にバイクと衝突事故を起こし、現場から立ち去ったとして、警視庁は29日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、俳優の伊藤健太郎容疑者(23)=東京都港区南青山=を逮捕した。

逮捕容疑は28日午後5時45分ごろ、渋谷区千駄ケ谷の外苑西通りで、車でUターンしようとした際、反対車線を直進してきた2人乗りバイクと衝突して運転者らにけがをさせ、その場から車で立ち去った疑い。

(引用:Yahoo!ニュース

 

伊藤健太郎さん本人はこの件に関して、「バイクと衝突し、現場から離れてしまったことに間違いない」と容疑を認めているとのことです。

 

また、事故現場に戻ったきっかけを作ったのは現場を目撃していた男性が伊藤健太郎さんに現場に戻るよう注意をしたということで、数分後に戻ったということ。

 

調べによると事故当時の伊藤健太郎さんは「気が動転した。パニックになってしまった」と供述しているようです。

 

伊藤健太郎さんは近年「コーヒーが冷めないうちに」、「今日から俺は!! 」、「スカーレット」など、役者として大活躍をしていただけに驚きを隠せないものです。

 

 

 

伊藤健太郎の4月の免許証は偽物か本物か?

 

伊藤健太郎さんが自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反の疑いで逮捕という事実が騒がれる中、更に驚きの噂がネット上で広がります。

 

というのも、伊藤健太郎さんが過去にも事故を起こしていたという情報がツイッターで拡散されているのです。

 

その情報をツイッターで流した当事者は、2020年4月に伊藤健太郎さんと事故に遭ったと、以下のようにツイートをしていたようです。

「今年の4月27日の夕方、俺も伊藤健太郎に轢き逃げにあった、サイドミラーぶつけといて逃げたんでとっ捕まえて警察呼んだ、ぶつけられた時は衝撃音すごかったけど擦ったくらいの傷だしディーラーもってくのもなんだしいいやと。身分証写真撮らせてもらったけどこいつ常習犯じゃねーのか」

この文章と共に、なんと伊藤健太郎さんの免許証の画像を公開していました。

 

現在は当事者のツイッターアカウントは削除されているようですが、その免許証の画像がネット上で出回り大騒ぎとなったのです。

(※プライバシー保護のため、画像は搭載しないのでご理解ください。)

 

 

果たして、伊藤健太郎さんの4月の免許証は本物か偽物なのか?

 

現時点では真相は分かりませんが、「わざわざ芸能人が免許証の写真を撮らすのか?」という疑問が残ります。

 

もしかしたら、たまたま伊藤健太郎さんの財布を拾った方が免許証写真を撮って誤情報を流したものかもしれません。

 

 

なので伊藤健太郎さんの4月の免許証については本物か偽物かハッキリした情報がなく、早とちりで判断するよりは公式な情報が出るまで待つのが良いと思います。

 

 

 

伊藤健太郎の4月の免許証。偽造の可能性は?

伊藤健太郎さんの4月の免許証に偽造の可能性はあるのか?を調査していきます。

 

実際にツイッター上で出回った免許証が本物か偽物かは分かっていませんが、結論から言うと偽造と言う可能性もなくはないでしょう。

 

というのも、2019年に”インターネット上で運転免許証の偽造を請け負うサイトが存在していた”というニュースがあり、そのサイトでは誰でも免許証を偽造できるというものでした。

 

インターネット上で運転免許証の偽造を請け負うサイトが存在し誰でも注文できる状態になっている。愛知県警は実際に注文した男を逮捕したものの、海外にサーバーが置かれていることなどから、運営者は特定できていない。偽造運転免許証を身分証明に悪用した犯罪も相次ぐ一方、こうしたサイトの閲覧防止などの対策は追い付いていない状況だ。

(引用:https://mainichi.jp/articles/20190112/k00/00m/040/154000c)

 

あくまで偽造は可能性ですが、世の中的に免許証を偽造できる技術は存在しているということです。

 

仮に、もし出回っている免許証が本物であれば住所こそモザイクはかかっていますが、モザイク処理なんぞ今の世の中ではいくらでもできるので個人情報の流出は本当に危険ですよね。。

 

 

まとめ

伊藤健太郎さんの4月の免許証は本物か偽物か、偽造の可能性についてまとめていきました。

 

実際のところ、免許証をツイッター上で晒したアカウントは現在削除されているので真相は謎に包まれています。

 

また、免許証の偽造の可能性についてですが、世の中で免許証を偽造する技術は存在しているということでした。

 

いずれにせよ、免許証については真相が分からないことだらけなので正式な発表だけを待つのが良いでしょう。

 

 

個人的に伊藤健太郎さんは「今日から俺は!!」でとても楽しませて頂いていたので、無事に復帰できることを願っています!