橋本聖子・高橋大輔キス強要写真がヤバい!文春・パワハラ内容まとめ

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長であった森喜朗会長が女性差別を感じさせる問題発言をして辞任表明をしましたが、その後任者として橋本聖子さんの名前が挙がっています。

 

本人さえ納得すれば、近日中に正式決定すると報じられています。

 

 

ただ、橋本聖子さんは2014年のソチ五輪の際、フィギュアスケート男子の高橋大輔さんにキス強要をしたと文春にて報じられたこともあり、ネット上ではそんな過去のスキャンダルもあってか驚きの声が多く見受けられます。

 

 

今回の記事は橋本聖子さんが高橋大輔さんにキス強要を写真などの紹介から、文春・パワハラ内容をまとめていくので宜しくお願い致します。

 

 

 



橋本聖子・高橋大輔キス強要写真がヤバい!

 

橋本聖子さんは2014年のソチ五輪の時期、当時日本スケート連盟会長を務めていました。

 

その当時、フィギュアスケート男子の高橋大輔さんに対してキスを強要したと週刊文春にて報じられており、中には思いっきりディープキスをしている写真も掲載されていたのです。

 

 

問題のキス強要写真はこちら。

 

 

 

 

写真を見る通り、橋本聖子さんと高橋大輔さんが思いっきりキスをしている様子が確認できます。

 

 

 

橋本聖子・高橋大輔キス強要の文春内容まとめ

当時、橋本聖子さんが高橋大輔さんにキス強要した事件は文春でどのように報じられていたのかを簡単な経緯で説明していきましょう。

 

  • キス写真は2014年2月23日・ソチ五輪の閉会式後の打ち上げ
  • 泥酔した橋本聖子さんが高橋大輔さんにキスを迫った
  • 週刊文春の報道後、橋本聖子さんは入院をし雲隠れ

 

 

ちなみに、橋本聖子さんのキスは1回や2回ではなく執拗に繰り返されたと言われ、男性に限らず女子会でも”キス魔”になったり男性相手に”露出癖”などもあるという噂です。

 

こういった過去の事実や噂により、橋本聖子さんが東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の時期候補に相応しいのかどうか波紋を呼んでいます。

 

 

二人のキス写真が流出したことから、橋本聖子さんは普段からセクハラやパワハラを繰り返していたのでは?と話題になりました。

 

 

しかし、当時の週刊文春の”キス強要”報道に対して、当事者の二人は以下のように語っていました。

 

 

高橋大輔さん:

「大人と大人がハメを外しすぎたということで、お酒が入ってしまい、はしゃぎすぎてああなった。反省してますがパワハラ、セクハラ(をされた)とは一切、思っていない」

 

と、高橋大輔さんは橋本聖子さんからのキス強要やセクハラ・パワハラなどを否定し擁護。

 

 

一方の橋本聖子さんは以下のようなコメントを出されていました。

 

「キスを強制した事実はない」

「誤解を招くようなことがあったとすれば、気を付けなければならないと反省しています」

 

 

このように、お互いは”キス強要”の事実を否定していたことが分かっています。

 

加えて高橋大輔さんの所属事務所側も「スケート界では健闘をたたえて、ハグやキスをすることはよくあることです」とコメントをしていることから、セクハラやパワハラの事実はないということです。

 

 

ですが、このキス事件は2021年2月12日には中国のニュースサイト「新浪体育」にもデカデカとキス写真付きで報じられるなど、海外メディアからも注目を浴びているとのこと。

 

 

橋本聖子は高橋大輔にパワハラをしていたのか?

キス事件に対して、橋本聖子さんと高橋大輔さんは”強要”、”セクハラ”、”パワハラ”を否定しており、あくまでお酒の席でハメを外したスケート界の健闘をたたえたスキンシップということになっています。

 

 

ただ、当時の橋本聖子さんはというと、日本スケート連盟会長・JOC常務理事・選手強化本部長を務めていました。

 

この高い立場ということから、高橋大輔さんは逆らうことができずに実際はセクハラやパワハラを受けていたのではないかと疑う人々が多かったのです。

 

そう考えれば、高橋大輔さんの週刊文春に対するコメントも”そう言わざるをえなかったのでは?”と考えることもできますよね。

 

 

実際のところ本当にただのスキンシップであることも考えられますが、海外メディアなどがキス写真を報じられば、外人の方々からの視線は冷たくなってしまう恐れが往々にしてあります。

 

 

 

橋本聖子はキス魔で露出癖がある?

2月17日の週刊文春の内容によると、橋本聖子さんは酒癖が悪く、お酒に酔うと”キス魔”になってしまうと報じられています

 

橋本聖子さんのキスの犠牲になった元議員女性は以下のように語っていました。

 

聖子さんはキス魔。高橋大輔だからじゃない。女子会でも、ある程度アルコールが入ると、みんなにキスを迫るんです。鍛えているから、羽交い締めにされて、楽しいお酒でしたが、私もずいぶんキスの犠牲になりました。

 

 

また、橋本聖子さんは露出癖の噂もあるらしく、伊達忠一元参議院委員長が露出癖についてあるエピソードを語っていたのです。

 

七、八年前のことだったかな。よく参院宿舎で集まって飲んでいた。私の部屋で六、七人で飲んでいる時に、橋本さんがいきなり「(胸を)じゃあ見せてあげるか」と。全部は出さないよ。誤解される場合が無きにしもあらずだけど」

 

流石にこれは酔った勢いの小粋なジョークかと思いますが、こんなセリフが”露出癖”という噂にも繋がっていたんですね。

 

 

 

まとめ

橋本聖子さんが高橋大輔さんに対するキス強要をしたと言われる写真から、2014年当時の文春・パワハラ内容などをまとめていきました。

 

当事者の二人はキス強要を否定していますが、世間は強要していたのではないか?と疑いを持ってしまう声もあるようです。

 

 

また、写真が写真だっただけに、次期会長としてイメージダウンしてしまうのは仕方がないことでもありますよね。

 

海外メディアなど特に、キス写真などが報じられれば悪いイメージを持たれかねませんので、今後は誤解を招くことがないような行動を橋本聖子さんには心がけていただきたいものです。