馬場陽色(ばばひいろ)押熊の自宅やバス停はどこ?奈良女子大中学登校中の行方不明に心配の声

奈良県警は12/9に奈良市の14歳馬場陽色(ばばひいろ)さんが今月1日から行方不明になっていることを発表しました。

馬場さんは今月1日午前7時20分ごろに登校のため自宅を出てから家に戻っていないということです。

あまりにも幼い女子生徒の行方不明報道に心配の声が相次いでいるようです。

ご家族の方はさぞ心配かと思われますが、ネットでも馬場さんを心配する声がたくさん寄せられているようです。

中には馬場さんの自宅や最寄のバス停を特定し自ら情報捜索をする人も出てきているようです。

本当に、少しでも早く、見つかることを祈るのみですね。

今回は「馬場陽色(ばばひいろ)押熊の自宅やバス停はどこ?奈良女子大中学登校中の行方不明に心配の声」としてまとめていきたいと思います。



馬場陽色(ばばひいろ)押熊の自宅やバス停はどこ?奈良女子大中学登校中の行方不明に心配の声

奈良県警が12/9に発表した内容はこちらです。

馬場さんは1日午前7時20分ごろ「学校に行ってくる」と言って市内の自宅を出てから戻らず、夜に家族が110番通報した。  この日、学校には登校しておらず、通学で使っていたバスに乗車した形跡もなかった。警察によると、馬場さんの携帯電話の位置情報は3日朝まで自宅から北西およそ1キロの地点を示していたが、その後電源が入っていない状態だという。

どうやら、登校のため外出したきり行方が分からなくなっているようですね。

しかも、通学用のバスには乗車していなかったというから驚きです。

家を出てからバス停に着くまでの間に何らかの事件に巻き込まれてしまったのでしょうか。とても心配です。

馬場陽色(ばばひいろ)押熊の自宅やバス停はどこ?

馬場陽色(ばばひいろ)さんは登校用のバスに乗っていなかったということで、自宅からバス停までの間で何らかの事件に巻き込まれたと考えるのが単純に考えられることですよね。

では、馬場さんの自宅やバス停はどこなのでしょうか?

馬場さんの情報の公開をしているのは奈良県警奈良西署です。

そのため管轄地域である近鉄奈良線の大和西大寺駅~生駒駅の可能性が高いと考えられます。

地図を見ると、奈良駅に近くアクセスが良さそうな地域のように見えますね。

緑色の部分も少ないことからも住宅街として人口も多そうな地域なので、ド田舎での事件ではないようです。

人もいることを考えると、発見の可能性も上がるのではないでしょうか?

そして、馬場さんが通っていた奈良女子大学付属中学の位置はこちらです。

自宅があるとされている位置からは数駅で着ける距離ということで、割と近いですよね?

しかも観光で有名な奈良公園や東大寺なども近く、観光客や人通りも多そうなエリアです。

しかし気になるのが、学校の裏手にある『森』です。

「春日山原生林」という森が学校の近くに位置しているそうです。ここに迷い入ってしまったら少し危なそうな気もしますがいかがでしたでしょうか?

そして、自宅についてですが、押熊町なのではないかという噂がありました。

署管轄エリアからも近いので可能性としては高いと思われますが、噂が本当であるという証拠は見つけることが出来ませんでした。

自宅の場所のエリアは絞ることが出来ましたが、特定の場所は分かりませんでしたのでバス停の位置も絞ることができませんでした。

馬場陽色(ばばひいろ)行方不明に心配の声

 

 

 

 

行方不明から1週間以上経過後の顔写真公開に「遅い」という声もありました。

確かに、行方不明事件は早ければ早いほど発見の可能性が高まりますのでそのような声があっても当然です。

このような批判もすべて馬場さんを思っての声なので紳士に受け止める必要がありそうですね。

おわりに

馬場陽色さんの行方不明事件についてまとめました。

馬場さんに関しては、まだ14歳という幼い女子生徒であることから心配の声が多数寄せられていることが分かりました。

所轄エリアから考えられる馬場さんの地域に関しては人口も多そうな街であることが分かりましたので、その地域に住んでいる人は少しでも注意しながら生活を送ることで何か少しでも手掛かりが見つけられれば幸いです。

少しでも早い発見を心よりお祈り申し上げます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。