てんちむのあいしゃん・きりたんぽへの悪口line内容は?コレコレ生配信もやばい

今何かと話題の多いてんちむこと橋本甜歌さん。

そんなてんちむさんが同じ女性YouTuberである「ありしゃん」や「きりたんぽ」に対して悪口を言っていたということが分かりました。

てんちむさんといえば、かねこあやさんとの不仲が有名ですが、他にも多くの敵がいるようですね・・・

ありしゃんやきりたんぽに対してはどのような悪口を言っていたのでしょうか?

やはり同業種であるYouTuberとしての派閥争いなのでしょうか?気になりますね・・・

今回は「てんちむのあいしゃん・きりたんぽへの悪口line内容は?コレコレ生配信もやばい」としてまとめていきたいと思います。



てんちむのあいしゃん・きりたんぽへの悪口line内容は?コレコレ生配信もやばい

では、てんちむさんはありしゃんやきりたんぽへどのような悪口を言っていたのでしょうか?

ありしゃんとは、ヘラヘラ三銃士というグループのメンバーとして何度もコラボしているようです。

こちらの動画では、仲良くお酒を飲んでいるので不仲にはまったく見えません。

しかも不仲であればコラボなどしませんしね。

表面上は良好な関係を築きながら裏では悪口を言っているようなシチュエーションなのでしょうか。やはり女性は怖いですね・・・。

ではなぜコラボまでするありしゃんに対して悪口を言っているのでしょうか?

原因や内容について見てみましょう。

てんちむの悪口line流出はかねこあやの仕業

どうやら、てんちむがありしゃんとコラボ動画を出していたりすることに対して気に入らなかったのか、かねこあやさんが流失させたようです。

内容はこちらです。

「タバコ吸わなくてもありしゃん肌きたねーし!」
「年越しありしゃん込みはダルい」
「ブスは整形してもブス」(ありしゃんのこと)

いかがでしょうか?

ありしゃんの容姿に対する悪口や「うざい」といった存在そのものを嫌がっているような内容のようでした。

ブスという発言は本当に純粋な悪口ですよね(笑)

個人的にはてんちむよりもありしゃんの方が美人な気がしますので、嫉妬も入っているのかもしれませんね。

ですが、会話の流れや雰囲気から、軽いノリというよりも、かなり嫌っている様子が伝わってきます。

表面上は仲良くしながら、他の友人に悪口を漏らすというのはかなり性格の悪さが出てしまっていますね・・・。

lineのスクショも流失してしまっているので、もう言い訳はできそうにありません。

てんちむのきりたんぽに対する悪口は嫉妬か

次に、きりたんぽに対する悪口内容を見てみましょう。

きりたんぽといえば、YouTuberヒカルさんと仲が良い美少女YouTuberとして知られています。

そのため、ヒカルと食事に行ったことをツイッターで報告するなどと、公にしているようでした。

このようなきりたんぽの行動がてんちむは気に入らなかったのでしょう。

てんちむの悪口内容はこちらです。

「ウザくねきりたんぽ
ほんま死ねや
あとチビってのが尚更うざい」

ウザいという内容ならまだしも、死ねという強い言葉まで出てきてしまっているので相当憎んでいることが分かりますね。

てんちむとヒカルさんは男女の関係にあったようなので、単なる女性の嫉妬ということになります。

しかし、きりたんぽとてんちむが実際に何かあった訳ではないようなので、一方的な悪口のようですね。

どうやらてんちむさんは誰に対しても悪口を言う常習犯のようですね。

かなりの性格の悪さが伝わってきます。

このような内容はYouTubeのコレコレ生配信で行われました。

生配信で行われたので、かなりの衝撃となったようですし、この材料でまた収益を多く得たでしょうね(笑)

しかし、かねこあやさんも勝手に人の個人情報を不特定多数が閲覧できるネット社会で公開してしまうのもかなり恐ろしい行動と言えます。

仮にこのような勝手な行動で不幸な結末を招いてしまったらすべての責任はとれるのでしょうか。

最近はネット事件での逮捕や実刑も増えているので、その点は気を付けた方が良いかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回はてんちむのありしゃんやきりたんぽへの悪口内容をまとめてみました。

コレコレ生配信で流失した情報ということですが、本人の同意なく情報が出回ってしまうことに恐ろしさを感じました。

また、それに対して何の疑問を抱かないかねこあやさんや配信者さんは末恐ろしいですね。

悪口内容に関しては、ただの嫉妬を中心とする悪口内容でしたが、てんちむさんの性格の悪さを伝えるには十分な内容となっていました。

てんちむさんは今、自身の商品の返金対応で破産寸前とも言われている危機的状況にあると言われています。

これは、他人を攻撃してきたことに対する報いになったのかもしれませんね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。