ドンキ創業者・安田隆夫の出身・国籍は韓国で在日って本当?嘘?理由はなぜ?

ドン・キホーテの前社長・大原孝治氏が金融商品取引法違反の疑いで逮捕されたことが分かりました。

我々の生活を豊かにしてくれている存在のドン・キホーテということだけあって、逮捕というのはかなり衝撃的ですよね・・・。

内容としては公表前に自社株の購入を知人に不正に勧めたというものでした、うっかり出来心でやってしまったのか計画的な犯行なのかは分かりませんが、お金の欲に溢れる人だったのでしょう。

そして、そんなドン・キホーテの名を汚してしまった大原孝治氏ですが、創業者の安田隆夫さんはどのように思っているのでしょうか。

このニュースを見ていて、改めてドン・キホーテの凄さを実感したので創業者の安田隆夫さんについて調べていきたいと思います。

すると、どうやら創業者の安田氏の国籍について、少し気になることがありました。

今回は「ドンキ創業者・安田隆夫の出身・国籍が韓国と噂される訳は?」としてまとめていきたいと思います。



ドンキ創業者・安田隆夫の出身・国籍は韓国で在日って本当?嘘?理由はなぜ?

ドン・キホーテの創業者は、安田隆夫さんという人物です。

この方は、ドン・キホーテの原点となるわずか18坪の小さな店舗から、売上2兆円を超す企業までに成長させた敏腕経営者です。

現在は社長の座を退いてはいるものの、会長兼最高顧問として経営に関わっているそうです。

そうなれば、今回の前社長逮捕のニュースに関しては本当に悔しい想いを抱いていることでしょう。

安田氏が言うには、経営で成功した秘訣は「逆張り」だったとか。

当時皆がやっていた経営の「真逆」を推し進めて生き残りをかけたとおっしゃっています。

単なる運だけで、成功をしたのではなく、安田氏の独自の経営哲学というものが確立していることを表していますね。

そしてこの、安田氏、出身や国籍が韓国なのではないかと噂されているようです。

見た目は純粋な日本人に見えますが、何故なのでしょうか?

その理由や原因について調べていきたいと思います。

ドンキ創業者・安田隆夫の出身・国籍は韓国で在日?wikiでは岐阜県と記載

ドンキ創業者安田隆夫さんについてのWikipediaをみると、岐阜県と記載されています。

ではなぜ、国籍が日本ではないと噂されるのでしょうか?

理由を以下にまとめます。

・在日コリアンや帰化した人で「安田」姓を名乗る人が多いため

この理由が一番だと考えられます。

他にも、ドン・キホーテの安売り経営などに、在日朝鮮人が行いそうな経営と連想した人もいるのかもしれません。

安田隆夫が在日韓国人ではない証拠は著書にある

安田氏が在日韓国人ではない証拠は自身の著書「安売り王一代 私のドン・キホーテ人生」からして絶対にありえないと言い切れます。

その理由として、本の一部を抜粋して紹介します。このような記載がありました。

「父親は工業高校の技術科の専科教師。厳格な教育者のイメージそのままの堅物で、酒もたばこも一切やらない。長男である私にはとりわけ厳しく、テレビも“NHK以外は見るな”と言われて育った。いま思えば、父親は戦争を経験し、家庭を守るために必死だったのかもしれない」(P.18)

いかがでしょうか?

安田氏の父親は戦争を経験していることや職業等を鑑みても、生粋の日本人であることが分かります。

安田隆夫だけではない 在日の疑いを持たれる経営者達

安田隆夫さんに在日の疑いがかけられていることや、安田隆夫さんが生粋の日本人であることを紹介致しました。

この「在日なのではないか?」という疑いに関しては、安田隆夫さんだけではなく、日本の大手企業の経営者に掛けられる疑いの類なのです。

たとえば、電通の成田豊会長に関しても、ネットで在日の疑いがかけられている。

成田氏に関しても、安田氏と同様に自伝を読めば在日ではないことが一目瞭然です。

どうやら、人々は自分の疑いを証明する証拠が欲しいようですが、証拠がなくても無理やり議論を通そうとするところに人間の怖さがありますよね。

特にネット社会では噂が独り歩きして、立派な情報のように我が物顔で突っ立っているのです。

情報に触れる際は「君は本物かい?」と一度対話をして飲み込むことを心掛けた方が良いのかもしれませんね。

それもなかなかに難しいことなのかもしれませんが、気を付けたいところです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、ドン・キホーテの創業者・安田隆夫氏に掛けられた在日韓国人なのではないかという疑いについて取り上げてみました。

結果的には生粋の日本人であるということをお伝えしましたがまた、ネットの情報の恐ろしさも同時に感じる結果となりました。

日本の大手企業の経営者は、羨望のまなざしとともに嫉妬の対象にもなりえる存在です。

そのような存在だからこそ、ありもしな悪い噂を読んでしまうのかもしれませんね。

情報を鵜吞みにせずに対応していくことを心掛けたいものです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。