菅田将暉(すだまさき)義経役は似合う?似合わない?大泉洋共演の大河・鎌倉殿の13人に賛否両論!

毎年楽しみな恒例行事の一つに、大河ドラマの出演者発表がありますよね!

2022年から始まる『鎌倉殿の13人』の出演者が発表され話題となっているようです。

主人公は小栗旬さんが務めるこのドラマですが、なんと義経役に菅田将暉さんの出演が決まったようなのです。

なんと、主人公小栗旬さんに加え菅田将暉さんというイケメン役者の配役にネットでは歓喜の声が多く聞こえてきます。

しかし、義経役を演じる菅田将暉さんに対して「似合う」や「似合わない」などの配役に対する意見は分かれそうなところです。

今回は「菅田将暉(すだまさき)義経役は似合う?似合わない?大泉洋共演の大河・鎌倉殿の13人に賛否両論!」としてまとめていきたいと思います。

菅田将暉(すだまさき)義経役は似合う?似合わない?大泉洋共演の大河・鎌倉殿の13人に賛否両論!

2022年から始まる大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に義経役で菅田将暉さんの出演が決まりました。

その時の報道内容はこちらです。

俳優の小栗旬が主演する2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式ツイッターが20日に動画を投稿。源義経役で菅田将暉が出演することを発表すると、ネット上には「すごい、すごい配役だ」「すごく面白くなりそう」などの声が集まっている。

公式ツイッターが発表していましたが、その反響は凄まじいものでした。

NHKも少しずつ出演者を発表するなんて粋なことをしますよね!

 

しかも、出演者のコメントなどを連投しており、目が離せません(笑)

菅田将暉さんのコメントはこちらです。

 

大泉洋さん演じる頼朝の弟である義経という役どころを演じるに当たっての感情を語っておられます。

「悲劇の武将」といわれ、ドラマチックに描かれることが多い人物ではあるけれど、意外と創作されているエピソードも多く実体がよくわからないところが演じるうえでは興味深いと思っています。
いつも歴史上の人物や実在の方を演じるときに心がけているのは、“血の通わせ方”“綺麗事きれいごとで終わらせない”ということ。特に義経は綺麗なイメージがあるので、生々しく、義経は生きていたんだと僕自身も実感しながら演じていきたいです。

義経は、次々と奇跡を起こす悲劇の天才武将と言われていますが、歴史的には実はよく分かっていません。

菅田将暉さんは、そんな義経の歴史的背景なども取り入れながら演技に活かしているようなのでさすがといったところです。

では、この菅田将暉さんの義経という配役に対するネットの声はどのようなものがあるのでしょうか。

ネットの声は?

 

 

 

 

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

以前にも大河ドラマ「直虎」に出演している菅田将暉さんですが、その時の演技が好演だったので、今回も期待する!という投稿も多くありました。

そして三谷監督と菅田将暉さんのタッグが堪らなく楽しみであるという意見も多くありましたね。

三谷監督といえば、数々の作品をヒットに導いた敏腕さから世間の期待がかなり高いようですし、菅田将暉さんも多くのファンがいるので、2人のタッグは最強と言えそうです。

菅田将暉さんの義経役を「似合う」という意見が多いように感じると同時に「菅田将暉の演技に期待する」という声も多くあるようでした。

菅田将暉さんは今まで多くの役どころを演じきってきたことからかなり期待が高いようですね~。

世間の期待を背負う菅田将暉さんですが、どんな演技を見せてくれるのか楽しみで仕方ありません。