よのひかりはスタートレック・バーナム役で主人公を熱演していた!死去の知らせにファン落胆

声優のよのひかりさんがお亡くなりになったことが分かりました。

「セーラームーン」や「プラダを着た悪魔」エミリー役など、様々な有名作品に声優として出演していました。

映画を中心に活躍されていたようなので、多くの有名作品にかかわっているのですね。

大作の映画に関われるというのは相当の実力が無ければ難しいと思われますので、日本を代表する一流声優だったと言えますね。

今回は「よのひかりはスタートレック・バーナム役で主人公を熱演していた!死去の知らせにファン落胆」としてまとめていきたいと思います。

よのひかりはスタートレック・バーナム役で主人公を熱演していた!死去の知らせにファン落胆

声優のよのひかりさんがお亡くなりになったことが分かりました。

報道内容はこちらです。

声優でナレーターのよのひかりさん(年齢非公表)が15日に亡くなっていたことが20日、わかった。同日、親族がよのさんのツイッターを更新して発表した。

よのひかりさんのご家族が、よのひかりさんのツイッターアカウントを通じて訃報を知らせたということですが、その投稿内容がこちらです。

よのひかりはスタートレックのバーナムで主人公を熱演

よのひかりさんの出演作のなかで「スタートレック」の主人公・バーナム役を演じていたことを懐かしむファンの声が多くありました。

ハリウッド映画の主人公を務めあげるとは、かなりすごい偉業ですよね。

映画作品公開前のよのひかりさんのインタビューがあり、そこでこのように語っています。

最初、吹替ディレクターの方から、「ちょっと変わった役だけど、大丈夫?」なんてことを言われたりしていたんですよ(笑)。その時はタイトルを教えてもらえなかったんですけど、あとで「スター・トレック」シリーズの最新作と聞いて、「うん、大丈夫。どんな役でも大丈夫」と思って(笑)

「スタートレック」のちょっと変わった主人公・バーナム役も、どんな役でも大丈夫!と引き受けていたことが分かりました。

ディレクターからどんなことを言われても、どんと引き受ける姿勢がなんとも頼もしいですよね(笑)

「スタートレック」のバーナムの役柄に関してはこのように語っていました。

本当に彼女は頭の良い女性だと思いますね。最初は、ちょっと若さ故の勢いで暴走しちゃって、たくさんの犠牲を出してしまうようなシーンもあるんですよね。それでも彼女の優秀さが彼女自身を救うんですよ。

演じるキャラクターにも、本当に思い入れを込めて演じていることが分かりますね。

賢い女性であることを理解したうえで、よりそのキャラクターが出るように声優として魂を込めているのでしょう。

プロ根性を感じます。

また、バーナムの表情についてはこのように語っています。

シーズンの前半は特にそうでしたね。少し無感情というか、とにかく笑わなかったんですよ。後半になってきて笑うシーンが増えてきたんですけど、笑うとすごくすてきですね。彼女の笑った時のすごく女性らしい柔らかな表情がとても魅力的だなと思います。

たしかに、表情の硬いバーナムがだんだんと柔らかい雰囲気になっていきましたよね。

そのような表情の違いを読み取ることで、声の入れ方なども変えているのでしょう。

やはり、感受性というか、感性が高くないと出来ない職業だなと改めて感じます。

 

 

 

よのひかりは多くの有名作品に出演

声優のよのひかりさんのお名前を初めて聞いた方も多いかもしれませんが、よのひかりさんは多くの有名作品に出ていたことを伝えています。

よのさんは、フリーで活動中で、「直撃LIVEグッディ!」「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます」「グレートコネクション」などでナレーターを担当。映画「プラダを着た悪魔」のエミリー役、「24」のナディア役、「セーラームーンCrystal」の敵キャラクター、カオリナイト役などの声優をつとめた。

報道系番組から映画作品まで多様なジャンルで活躍されていたようですね。

特に映画系の作品が多く、誰もが知っている映画でも出演されていたことが分かります。

ネットの声は?