MISIA(ミーシャ)落馬骨折重症で後遺症は?病状は回復してる?ファン心配の訳は?

2020年11月18日に、歌手のMISIAさんが落馬事故で重傷を負っていたことが分かりました。

骨折は全治6週間の重傷ということですが、大丈夫なのでしょうか・・・?

MISIAさんは現在42歳。重傷の骨折を患うには少々身体への負担が気になる年齢です。

また、歌手という職業柄、大きな声は必須です。しかし大きな声を出すと骨に響くのでかなり辛い状況が考えられますね。

特にMISIAさんは『腹から声出し大声タイプ』の歌い手です。

今回の骨折は歌手生命を脅かしかねない重大な出来事であると捉えられますね・・・。

そして重症と聞いて気になるのが『後遺症』

MISIAさんの今後の活動にどんな影響を与えるのか、病状やファンの声などもまとめていきたいと思います。

MISIA(ミーシャ)落馬骨折で後遺症は?病状は回復してる?ファン心配の訳は?

歌手のMISIAさんが落馬骨折で重傷を負ったことが分かりました。

報道内容はこちらです。

大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」に3年連続出場を決めたばかりの歌手、MISIA(42)が15日午後、落馬事故で背骨を骨折し全治6週間の重傷を負ったことが18日、分かった。TBS系報道番組「NEWS23」のロケ中に起きたアクシデント。痛みがひどく現在は絶対安静で、紅白のステージに無事に立てるか微妙な状況だ。

まさに『アクシデント』だったようですが、この大切な時期にMISIAさんにけがを負わしてしまった責任は大きいですね・・・。

MISIA(ミーシャ)落馬骨折の病状は重症 後遺症が気になる

大変な事故が起こってしまったようですが、気になるのがその病状です。

MISIAさんの現在分かっている病状がこちらです。

背骨を骨折し全治6週間の重傷

気になるのが骨折の箇所が背骨だということです。

MISIAの脊髄が損傷していれば後遺症は残る

背骨が骨折してしまった場合、脊髄の損傷を伴うことが多いとされています。

よく交通事故などや器械体操などで背骨を強打し半身不随になってしまったという話は聞きますよね。

脊髄は、脳と抹消を繋ぐ重要な役割を担っていると同時に人間の防衛反応『反射』の機能の一部を担っていることから、脊髄損傷に伴うダメージが大きいのです。

そしてこの脊髄損傷後の後遺症として以下のものが挙げられるようです。

変形障害:脊柱が変形したこと(圧迫骨折や破裂骨折や脱臼など)に関する後遺障害運動障害:脊柱の動きが悪くなったことに関する後遺障害(背骨を曲げにくくなったなど)荷重障害:脊柱が体を支えることができなくなったことによる後遺障害
(運動障害の等級が準用される。系列は運動障害)

少し難しい話になりましたが、MISIAさんの背骨骨折の後遺症として考えられるのは、

・痛みや痺れの残存
・可動域制限(体の動かせる部分が制限される)

が挙げられます。

もしこのような症状が残ってしまえば、ライブやイベントなどでパワフルなパフォーマンスが出来なくなってしまうかもしれません。

MISIAさんは昨年の紅白歌合戦の大トリを務めた日本を代表する歌手です。

そんな方に後遺症を残してしまったとしたら、一体だれが責任を取るのでしょうか?

注目がいくところです。

ネットの声やファン心配の訳

 

 

 

 

 

どうやらMISIAさんの骨折箇所が背骨だったこともあり後遺症を心配するファンの方も多いようです。

実際にMISIAさんと同じ全治6週間と診断されながら3年間痛みが残ったという声も投稿されていました。

骨折箇所でも特に危ないと言われる背骨のダメージだったことで、今後の歌手活動含め心配の声が続々と届いているようです。

MISIAさんは日本を代表するアーティストで、代わりを務められる歌手はいません。

唯一無二であるMISIAさんの力強い歌声を、また私たちの前で披露してくれることを心待ちにしています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

MISIA(ミーシャ)復帰はいつ?ライブ延期やキャンセル多数でクリスマスライブが…の声