【なぜ】Foorin(フーリン)紅白出場また?理由はなんで?パプリカ以外に曲はあるの?紅白歌合戦2020

2020年の紅白歌合戦の出演者が発表されましたが、色々と物申したい方々が多いようです。

AKB48などの常連組が落選したり、大活躍するグループが初出場にならなかったりと、予想とは裏腹な選出が多々あったようですね。

そんななか、一世を風靡した『Foorin(フーリン)』は3回目の出場が決まり、ネットでは「なぜフーリン?」「フーリン出すならもっと他に出演するべき歌手がいるだろ!」などの辛辣な声が多いようです・・・

Foorin(フーリン)たちはまだまだ子供なのでネットの言葉に傷つかなければよいのですが。

しかし、たしかにFoorin(フーリン)の『パプリカ』ヒットからかなり時間が経ちますし、なぜ出演が決まったのか疑問なところではあります。

今回は「【なぜ】Foorin(フーリン)紅白出場また?理由はなんで?パプリカ以外に曲はあるの?紅白歌合戦2020」としてまとめていきたいと思います。

【なぜ】Foorin(フーリン)紅白出場また?理由はなんで?パプリカ以外に曲はあるの?紅白歌合戦2020

Foorin(フーリン)はなぜ紅白歌合戦の出場権を手にしたのでしょうか?

調べてみた結果、納得のいく事実が分かりましたので分かりやすくご紹介いたします。

そもそもFoorin(フーリン)はNHK企画で誕生したグループ

皆さんはFoorin(フーリン)の誕生秘話をご存知でしょうか?

そもそもFoorin(フーリン)はNHKが主催するオーディションによって選出された子供たちによって結成された楽曲ユニットなのです。

NHK主催の「2020応援ソングプロジェクト」オーディションによって選出され、米津玄師が手掛けた楽曲「パプリカ」を歌唱。

私自身、Foorin(フーリン)がNHKのオーディションによって結成されたものとは知らなかったのですが、この事実を知ったら紅白歌合戦に選出される理由は痛いほど分かりました。

そしてこの「2020応援ソングプロジェクト」は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会により「東京2020公認プログラム」として認証されています。

なのでFoorin(フーリン)が紅白歌合戦に出場する理由は『NHK枠』『オリンピック枠』などの特別枠での採用であることが予想されます。

こうなると、今年活躍したとかに関わらず起用されるのには納得が出来ますね。

パプリカ以外に曲はある?

「パプリカ」以外に楽曲はありません。

パプリカのCD販売も、営利目的ではないことから収益や印税は寄付されているようです。

やはりNHK企画らしいですね。

営利目的で発売できないことから、CD販売の収益や米津の印税などは日本スポーツ振興センター内の「スポーツ振興基金」へ寄付され、次世代アスリートの育成などに使われる

詳しくお伝えすると「パプリカ」の印税は「スポーツ振興基金」へ寄付されているようです。

ネットの声は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

ネットではFoorin(フーリン)の紅白出場に対して納得できない方が多いようでしたね。

私自身もそうでしたが、Foorin(フーリン)の結成秘話や背景を知ったら納得ができるかもしれません。

紅白歌合戦自体もNHKという公共放送企画ということで、忖度や配慮が多くされているのが現状でしょう。

なのでFoorinの出場自体も意味があってのことですから、みんなで応援していきましょう。

BABYMETAL(ベビメタ)紅白に鞘師里保出演の可能性は?サポメンで夢の実現なるか2020

NiziU(ニジユー)紅白出場に批判殺到の理由はなぜ?デビュー前ゴリ押しでうざい?

紅白歌合戦2020・AKB48落選の理由はなぜ?出場回数や反応(口コミ)まとめ