菅総理(首相)長男(息子)の音声データ内容まとめ【文春接待問題】

菅総理の長男である菅正剛氏の違法接待問題で新たに7人の処分が発表されたました。

これで関係者の処分は11人に上ります。

少しずつ、状況が悪化しているように見受けられますね。

菅総理の長男・菅正剛氏は当初音声内容を否認したり記憶にないという答弁をするなど、状況が混乱していました。

では、事の発端となった音声データはどういった内容だったのでしょうか。

今回は「菅総理(首相)長男(息子)の音声データ内容まとめ【文春接待問題】」としてまとめていきたいと思います。



菅総理(首相)長男(息子)の音声データ内容まとめ【文春接待問題】

報道された内容がこちらです。

総務省は、幹部4人が衛星放送関連会社に務める菅首相の長男と会食していた問題で、まもなく調査結果を国会に報告するが、会食していたのは11人にのぼる見通し。

政府与党関係者によると、総務省の報告書では、菅首相の長男など、衛星放送関連会社側と会食していたのは、すでに明らかになっている幹部4人のほかに7人いて、あわせて11人にのぼるという。

総務省は、24日にも関係者の処分を行う見通し。

少しずつ状況が明らかになり、処分の人数が増えている印象を受けます。

だんだんと大きな問題になっているようですが、事の発端である菅総理の長男の音声データとはどういったものだったのでしょうか。

菅総理の長男の音声データの内容は?

少しずつ問題が大きくなってきた『違法接待問題』

事の発端となった音声データの内容についてまとめていきたいと思います。

まず、問題となっているのは2020年12月10日に菅総理の長男と東北新社の子会社である東北新社メディアサービスの木田社長が、秋元局長を接待した際の内容です。

どうやら事の発端は2か月以上も前のものであることがわかりますね。

その際の音声内容はこちらです。

正剛氏「今回の衛星の移動も……」

木田氏「どれが?」

正剛氏「BS、BS。BSの。スター(チャンネル)がスロット(を)返して」

木田氏「あぁ、新規の話? それ言ったってしょうがないよ。通っちゃってるもん」

正剛氏「うちがスロットを……」

木田氏「俺たちが悪いんじゃなくて小林(史明衆院議員、元総務政務官)が悪いんだよ」

(略)

秋本局長「いやぁ、でも(小林氏は)どっかで一敗地に塗れないと、全然勘違いのままいっちゃいますよねぇ」

木田氏「そう。でしょ? でしょ? あれ一回ね、(小林氏と)どっかで話そうとは思ってる」

この音声から分かることは、東北新社が展開する衛星放送ビジネスについて話し合っていること。またそれに伴い小林政務官への警戒を強めいることです。

文春オンラインが公表している音声内容をまとめた動画はこちらです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、問題となっている菅総理の長男の違法接待問題の音声データの内容についてまとめました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。