島根県知事(丸山達也)はかつら(ズラ・カツラ)?評判は無能だけど経歴は?【聖火リレー問題】

島根県知事の丸山達也氏の発言が波紋を呼んでいます。

2021年夏に開催予定の東京オリンピックの聖火リレーを島根県は中止することを検討しているという。

この発言から政府や世論は大混乱に陥っています。

最近では森会長辞任問題もあり、新型コロナウイルスの影響だけではない『オリンピック問題』がまた一つ増えたようですね。

人々を翻弄している丸山達也氏とはどういった人物なのでしょうか?また、かつらではないかといったフランクな問題にも焦点をあてまとめていきたいと思います。

今回は「島根県知事(丸山達也)はかつら(ズラ・カツラ)?評判は無能だけど経歴は?【聖火リレー問題】」と題して記事を執筆していきます。



島根県知事(丸山達也)はかつら(ズラ・カツラ)?評判は無能だけど経歴は?【聖火リレー問題】

島根県知事の発言はどういったものなのでしょうか。

内容をしっかりと確認していきたいと思います。

報道内容はこちらです。

島根県の丸山達也知事は17日、県内で5月に予定されている東京五輪・パラリンピックの聖火リレーの中止を検討していると表明した。丸山氏は、政府や東京都の新型コロナウイルス対応を批判。聖火リレーが3月25日に福島県から始まることを念頭に「状況の推移を1カ月程度見て、改めて(実施の可否を)判断したい」と述べた。

どうやら、この発言の背景にあるのは『政府の新型コロナウイルス対応への不満』ということですね。

新型コロナウイルスへの対応については、世論でも批判の声があるのは周知の事実ではありますが、政府は政府なりに思考錯誤のうええ昼夜問わず対応してくれています。

そのような国のトップや東京都のトップへの批判や不満の表明に何の意味があるのでしょうか。

単なる個人的な憂さ晴らしであれば、自治体の長としての発言責任が問われます。

島根県知事が国のトップに立てば、すべて上手くいかせる自信があるのでしょうか。

この開催が危ぶまれる微妙な時期に発表する発言内容としては影響力が大きすぎるという問題を自身は考えたうえで発言しているのかが疑問を抱くところです。

島根県知事(丸山達也)はかつらか?

世間が抱く疑問の一つに「島根県知事はかつらなのでは?」という声があるようです。

たしかに、ニュースで見る丸山達也氏の頭部は多少なりとも違和感を感じるものでした。

では、HP上の丸山達也氏のプロフィール写真を確認しましょう。こちらです。

島根県知事丸山達也

この写真ではそこまで「かつら」っぽくはない気もします。

次に報道写真を確認します。東京五輪・パラリンピックの聖火リレー中止の検討を表明する島根県の丸山達也知事=17日午後、同県庁

いかがでしょうか。

多少違和感を感じます。

生え際が少し変であるような気もしますね。

また、これに関連してこのような投稿がありました。

 

ハゲをかつらで隠しているという行動が多少なりとも丸山達也氏の信頼を下げているようです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、問題の渦中となっている島根県知事の丸山達也氏についてまとめてみました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。