篠原ゆき子は下手なの?声が気になる?演技力を徹底調査!

今回は、篠原ゆき子さんのは演技は下手なのか、また声が気になるという噂、そして演技力について徹底調査しました!

人気ドラマ「相棒」に出演中の篠原ゆき子さんですが、演技が下手というコメントがよく聞かれるんですよね。

また、声が気になるという噂も。

でも、これまで数々のドラマに出演している篠原ゆき子さんは、演技力には定評があったはず。

ということで、篠原ゆき子さんのは演技は下手なのか、また声が気になるという噂、そして演技力について詳しく調べてみましたよ♪

篠原ゆき子は下手なの?

2000年から放送され、誰もが知っている人気刑事ドラマ「相棒」。

2020年10月14日から放送が開始された「相棒season19」(テレビ朝日系)に、交通機動隊から捜査1課に異動した出雲麗音役で、篠原ゆき子さんは作品史上初となる捜査1課の女性刑事としてレギュラー出演が決まりました。

作品史上初の捜査1課の女性刑事という事で篠原ゆき子さんに注目が集まっています。

篠原ゆき子さんもTwitterに意気込みをツイートしています。

たくさんの篠原ゆき子さんのファンや、相棒ファンから激励のメッセージも寄せられています♪

そんなTwitter上にはちょっと気になるツイートもありました・・・。

数えたらきりがないくらい「演技が下手」とツイートされています。

あまりの酷評に擁護するツイートも・・・

https://twitter.com/Nowemapa_ekolu/status/1319064657777152001

篠原ゆき子さんの「演技が下手」という話題はTwitter上だけでなく芸能Web記事にも書かれるほどの話題になっています。

大根演技すぎ『相棒season19』不安材料「受けつけない」「レギュラーになるとは思いもよらなかった」「浮いてる」不満噴出
20周年を迎えたテレビ朝日系の鉄板ドラマ『相棒season19』(水谷豊主演)が初回(14日)17.9%(ビデオリサーチ調べの世帯視聴率、関東地区・以下同)、第2話(21日)16.4%と好調なスタートを切った。マンネリといわれながらも、依然変わらぬ人気を見せているがそんな中、今後への不安を感じさせる事態に直面したようだ。警視庁捜査1課の“紅一点”の女性刑事役で初回、第2話に出演した篠原ゆき子がレギュラーになることが決まり、ファンからはため息が漏れているというのだ。ネット上では「演技もセリフもぎこちないし微妙」「あの演技力でレギュラーになるとは思いもよらなかった。予算の都合なのか?」「『相棒』に、このキャラでは浮いてる」「演技のクセが強すぎて、受けつけない」などといった声が聞かれ正直、現状では“歓迎ムード”ではない。今シーズンは始まったばかり。本人に気負いもあっただろう。何か秀でたものがあるからこそ、水谷もGOサインを出したのだろうし、篠原には今後の奮闘で、外野の悪評を払拭してほしいものだと日刊サイゾーは報じた。
引用:https://ima.goo.ne.jp/word/185368/

調査してみると、驚くほどに篠原ゆき子さんが「演技が下手」という噂はありましたが…

以前出演されたドラマ「コウノドリ」での演技は本当に素晴らしかったし、観てて涙が止まらない位の演技でした。

「演技が下手」と噂されていますが、「相棒season19」での演技は台本に設定された役どころを篠原ゆき子さんなりに演技されたのではないのでしょうか。

出雲麗音(篠原ゆき子)
交通機動隊の白バイ警官だったが、銃撃事件の後遺症もあって、捜査一課に異動となる。背景には、庁内での女性の地位向上を狙う美彌子の働き掛けがあったという噂が。刑事部の男たちからは煙たがられるが、まったく動じることなく受け流す強さとしたたかさを持っている。
引用:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/cast/

篠原ゆき子さん演じる「出雲麗音」が今後の相棒season19の中でどのように変化し進化していくかとっても楽しみですね♪

篠原ゆき子の声が気になる?

篠原ゆき子さんには「演技」以外にも気になる話題がもう1つありました。

それは「声」。

篠原ゆき子さんの声が気になるという意見がTwitter上にありました。

実際に篠原ゆき子さんが出演された映画試写会の様子などの映像でお話しされている声や、さまざまな映画やドラマでのセリフを言っている篠原ゆき子さんの「声」を聴いてみましたが…私的には特に嫌な印象は持ちませんでした。

一般的に女性としては低めの声のトーンで、ハスキーさも少し所々に感じられる落ち着いた声だと感じました。

「声」も立派な個性!

篠原ゆき子さんの素敵な個性ですね♪

篠原ゆき子さんは映画やドラマに大活躍で、最近の話題作に続々と出演されているので…いろいろな話題になってしまうのではないでしょうか?

良くも悪くも、注目されているということです!

さまざまな映画やドラマ、舞台とたくさんの役をこなしてそれぞれを演じきっている、とってもスゴイ女優さんだと感じます!

篠原ゆき子の演技力を徹底調査!

2020年10月14日から放送が開始された「相棒season19」(テレビ朝日系)に、レギュラー出演が決まり、現在大活躍中で大注目を浴びている篠原ゆき子さん。

「相棒season19」での演技でちょっと話題になってしまっていますね。

そんな篠原ゆき子さんの演技力について徹底調査してみました!

 

篠原ゆき子さんは2005年から女優としてスタートし、たくさんの映画やテレビドラマに出演しています。

篠原ゆき子さんの出演作品などの一部をご紹介します。

【映画】
2005年 「中学生日記」
2011年 「映画 怪物くん」
2013年 「共喰い」
2015年 「深夜食堂」
【テレビドラマ】
2005年 「エンジン」第8話‐第9話
2010年 「モテキ」第10話‐第12話 神崎桜子役
2014年 「深夜食堂3」第29話‐第30話 夏木いずみ役
2017年 「カルテット」第9話 早乙女真紀役
2017年 「コウノドリ」第2シリーズ第5話 西山瑞希役
2018年 「グッド・ドクター」第6話 水野理香役
2020年 「連続テレビ小説 エール」第8回・第10回 神崎ます役
2020年 「相棒season19」第1話‐ 出雲麗音役

2013年に出演した映画「共喰い」では第28回高崎映画祭で高い演技力が評価され、最優秀新進女優賞を受賞しています。

最優秀新進女優賞
篠原ゆき子
『共喰い』
【受賞理由】ふしだらで凶悪な男の愛人を、体当たりに演じている。男が支配力を誇示する対象としてのか弱さがある一方で、たくましくしなやかな一面をうちに秘めた女性像が実に魅力的であった。アンニュイな存在感がひと際光を放つ。物語を引き締める重要な役柄を見事に演じ上げ高く評価された。
引用:http://www.takasakiweb.jp/news/article/2014/01/1801.html

第28回高崎映画祭での他の受賞者は、最優秀主演女優賞には赤木春恵さん、最優秀主演男優賞には福山雅治さん、最優秀助演女優賞には真木よう子さんなど豪華な俳優さんたちが受賞されていました。

そんな凄い高崎映画祭で、篠原ゆき子さんは最優秀新進女優賞を受賞されていました!

 

篠原ゆき子さんの演技力に関していまだTwitter上でも話題が絶えない出演作品があります♪

2017年11月に放送されたテレビドラマ「コウノドリ」で西山瑞希役を演じた演技が凄い!と評判です♪

篠原ゆき子さんは「コウノドリ」の演技でたくさんの視聴者の心を掴みました!

2017年の放送からもう3年も経っているのに篠原ゆき子さんの「コウノドリ」の演技力を忘れられていないなんて本当にスゴイですね!

そのくらい、篠原ゆき子さんの演技には視聴者の心をつかむ素晴らしさがある、ということです。

篠原ゆき子のプロフィールと経歴!

篠原ゆき子さんはドラマや映画、CMや舞台などたくさんの作品に出演されていて女優歴はすでに2005年のデビューから今年15年目のベテラン女優さんなんです。

最近では大人気のドラマ、水谷豊さん主演の「相棒」に「相棒」史上初の捜査一課の女性刑事「出雲麗音」役でレギュラー出演が決定した今、注目の女優さんです!

そんな大活躍中の篠原ゆき子さんのプロフィールをご紹介いたします。

 

篠原ゆき子さんのご実家は神奈川県横浜市ですが、現在は東京都内で一人暮らしをされていらっしゃるようで篠原ゆき子さんのFacebookの自己紹介欄には「東京都品川区在住」と載っています。

きっとFacebookを始めた時は品川区にお住まいだったのでしょうね。

現在はお引越しされてらっしゃると思いますが・・・。

 

篠原ゆき子さんのブログにご家族のことが書かれていました♪

ブログには、お父さんとお母さんのお誕生日が同じ日であり、お父さんとお母さんのお名前がお誕生日ケーキに書かれていました。

篠原ゆき子さんのブログ

 

篠原ゆき子さんのご兄妹は、お兄さん「まあ君」がいらっしゃいます。

お兄さんは既にご結婚済でお兄さんの結婚の披露宴の様子も紹介されていました。

披露宴の様子はこちら!

篠原ゆき子さんは、「まあ君」ことお兄さんと大変仲が良いようで度々ブログに登場しています。

大人になっても兄妹が仲良いのって良いですね♪

 

篠原ゆき子さんの女優になったきっかけは、スカウトされたことで2005年に公開された映画「中学生日記」で、当時25歳だった篠原ゆき子さんは中学生の役どころを見事に演じ役者デビューを果たしました。

デビュー当初は本名の「篠原友希子」が女優名でしたが、2013年に所属事務所を「スカイコーポレーション」から現在も所属している「テアトル・ド・ポッシュ」へ移籍した際に「篠原ゆき子」に改名されて活動されています。

2014年には映画「共喰い」に出演して第28回高崎映画祭最優秀新進女優賞を受賞

その後も数々の映画やドラマで活躍され、直近では映画「浅田家!」に出演。

2020年10月30日以降に公開予定の4作品にも出演し、そのうち2作品の「ミセス・ノイズィ」「女たち」では主演として出演しています。

助演から主演へと大飛躍中の篠原ゆき子さんから今後も目が離せませんね♪

まとめ

ということで今回は、篠原ゆき子さんのは演技は下手なのか、また声が気になるという噂、そして演技力について徹底調査しました!

篠原ゆき子さんは演技力についてのコメントが多数ありましたが、実際には最優秀新進女優賞を受賞しているような、演技力のある女優さんでした。

また、声は女性としては低くてハスキーなため、気になる人もいるのかなといった感じですね。

今後、その演技力でどんどん活躍の幅を広げていきそうな女優・篠原ゆき子さん。

これからも、応援しています!